クッションフロアDIY『はがせる両面テープ施工編』

施工のしやすさが人気の『クッションフロア』
今回のポイントは、ボンドでの施工ではなく賃貸物件にお住まいの方でもお楽しみいただける『はがせる専用両面テープ』での施工方法をご紹介!
両面テープは糊残りなくきれいに剥がせるので現状復帰が必要な方に超オススメです。

const_cftape_finish

1.準備
const_cftape01
クッションフロア、専用両面テープの他に、ご家庭にある
 ・カッターナイフ
 ・ハサミ
 ・仮留め用テープ(セロハンテープやマスキングテープ)
 ・ものさし
 をご用意下さい。
 道具がご用意できましたらきれいに床を掃除してクッションフロアを仮敷きします。
2.端位置の固定
const_cftape02
仮敷きしたシートの1辺をめくりあげ、両面テープでシートがズレないように固定します。
この時どの辺を固定するかはお好みの辺で結構です。貼りやすそうな辺を決めてください。
3.中央位置の固定
const_cftape03
 固定した端位置のシートを半分だけめくり、中央部分に両面テープを貼ってかぶせます。
 次に反対側の半分をめくり、同様に両面テープを貼ってかぶせます。
 これでほぼ全体が固定できました。残るは端3辺の固定です。(ここからが正念場です!)
※シートをめくる時の注意点:
 あまり強く折り曲げてシワにならないように注意してください。色柄によってはシワが目立ってしまう場合がございます。
4.隅(部屋のカド)のカット
const_cftape04
クッションフロアをカットする第一段階は部屋のカドからです。
クッションフロアを写真のように折り曲げ、一番カドにカッターを当てて持ち上げる事でイラストの赤線のように斜めに切ります。するともう一度床に敷いたときに頂点に余白がなくぴったりと敷くことができます。
※カッターを当てて持ち上げるのが難しい場合は鉛筆などで頂点に印をつけてハサミでカットしても大丈夫です。
5.周囲の切込み(準備)
const_cftape05
周囲の切込みは一辺ずつ慎重に行います。
シートをめくり上げた状態で、両面テープの剥離紙をつけたまま粘着面を上にして部屋の端ラインに置きます。
※位置がずれないようにセロテープやマスキングテープで仮止めするとよいでしょう。
テープを置いたらシートをそっと戻します。そうするとテープの粘着面がシートに貼り付きます。これで部屋の形にテープが貼り付きました。
きっちり端にテープを貼れなくても少々なら、浮いてくるような事はありません。また、テープの貼る位置がはみ出ても、細かい部分は敷いてからカットするので大丈夫です。
6.周囲の切込み(カット)
const_cftape06
もう一度シートをめくると部屋の形にテープが貼りついてきますのでテープの端部に沿ってハサミでカットします。
作業しにくければ何回かにわけて少しずつカットしましょう。
カットが終われば両面テープの剥離紙をはがして床に戻すとピッタリとおさまります。
この作業を各辺で行うと完成です。
アドバイス
const_cftape07
失敗したときのアドバイスをご紹介!!

端部をカットする際に失敗してしまっても慌てないで!
余ってしまった時はものさしを当ててもう一度カットしましょう。
逆に切りすぎてしまった時は内装用コークボンドで隙間を埋めることができます。

完成

const_cftape_finish

以上でクッションフロアの簡単施工講座は終了です。
初めてのお客様は玄関などの小さくて簡単な部屋から始めると施工しやすいですよ。
今回の施工方法は、はがせる専用両面テープを使用した施工方法なので賃貸物件にお住いのお客様でもお楽しみいただけます。
床をリフォームするだけでイメージがガラッと変わりますので是非一度挑戦してみてはいかがでしょうか!
また、難しいことや解らない事がありましたらお気軽にメールまたはお電話でご連絡をください。

メールでのご連絡はこちら。

クッションフロアのお買い求めは BloomBroome で

クッションフロアは、通販サイト BloomBroome よりお買い求めいただくことができます。今回ご紹介致しました柄以外にもたくさん取り揃えております。是非ご来店ください。

bnr_cate_cf

BloomBroomeクッションフロアページへ