はがせる壁紙シールDIY『アクセントウォール編』

はがせる壁紙シール “ウォールシート” 施工事例。基本的なアクセントウォールの貼り方!!
壁貼りをする際の基本的なポイントをご紹介。使用材料は『WPN15-344』

const_dw25_head

1.必要なもの
const_dw25_01
施工道具は全部で5つです。

1.スキージなど固めの平べったい物
(なで付け、折り目入れ、カット定規に使用)
2.ハサミ
3.カッター
4.メジャー(寸法を測ります)
5.タオル、雑巾(施工前の掃除用)
6.鉛筆
7.マスキングテープ

接着強度の保持の為施工前にはある程度貼る部分の汚れを取り除きましょう。

2.準備
const_dw25_02
壁の高さを測りウォールシートを適度な長さにカットします。

今回の高さは230cmでしたので、切りしろを5cm考え235cmでカット。

窓の部分は割り付けを考え窓の上、下の長さを測り枚数分をカット。

今回の事例でのそれぞれの長さは、上図のとうりです。材料は下記の様に裁断致しました。

235cm 5枚

70cm 2枚

87cm 2枚

3.貼出しの割り付け
const_dw25_03
壁の貼り方で重要なのは、幅の割り付けです。

右から順番に貼り、最後の1枚のところで【2cm足りない】等は、避けたいところです。また、窓のまわりの部分も同様に【あと1cmあれば窓枠までとどくのに】というような事が起こらない様に割り付けします。

左上の写真のように、あと【2cm あればとどく】というようにならないようにするのが、楽に貼るコツです。

以上のように窓等の障害物等がある場合は、窓を基準に50cmの幅で逆算し貼り出し位置を決める事が重要です。

逆算した結果、今回の事例では、貼り出し位置に【幅17cm】の細く裁断したシートを1枚目に適用致します。

4.材料の裁断
const_dw25_04
貼りだしのシートの幅を【17cm程度】にカット。

シートを広げる場所を確保する事が難しい場合は、左図のように巻癖を利用し裏紙の方眼に沿ってカットすると作業しやすいですよ。

5.貼り出し1
const_dw25_05
貼り出し基準位置を縦に3点ほど印をつける。この事により1枚目をまっすぐに貼ることができます。印は鉛筆で付けてもよいですが、後々、シートをはがす場合など、元の壁を汚したくない場合は、マスキングテープ等を使用するとよいでしょう。
6.貼り出し2
const_dw25_06
上から2点をしっかり印に合わせて貼付けます。それができれば、下側の裏紙をはがし、まっすぐに撫で下ろせば、ほぼまっすぐに貼ることができます。

貼りだしの際、裏紙は全部はがしてしまわないように注意!!

7.2枚目
const_dw25_07
2枚目は、1枚目のシートに 5mm~1cm 重ねて貼付け。

上側を均等に5mm程度重ねて貼れれば、後は1枚目同様にまっすぐに撫で下ろすと、ほぼまっすぐに貼ることができます。

8.切り込み(カット)
const_dw25_08
窓枠のカットは、上から下まで撫で下ろしてからカットすると途中で歪まずにまっすぐに貼ることができます。カット後の貼付けた後を想像して写真の様な方向にカットする。

以降、同様にして順番に最後まで並べて貼っていただくと完成です。

完成

const_dw25_finish

はがせる壁紙シールDIY『アクセントウォール編』をご紹介いたしました。

壁に貼る作業は、以外に簡単なので一度チャレンジしてみて下さい。

コツは、ゆっくりと少しずつ貼ることです。少しずつ進んでいけば、どなたでも貼ることができますよ。

難しいと思ったら、作業を途中でやめて寝る前にイメージトレーニングをして次の日に貼るとうまくいく場合があります。

また、難しいことや解らない事がありましたらお気軽にメールまたはお電話でご連絡をください。

メールでのご連絡はこちら。

はがせる壁紙シールのお買い求めは BloomBroome で

はがせる壁紙シールは、通販サイト BloomBroome よりお買い求めいただくことができます。今回ご紹介致しました柄以外にもたくさん取り揃えております。是非ご来店ください。

はがせる壁紙シールをお買い物

BloomBroomeでお買い物をする